貯金ができない人向け!1か月1万円で30年積み立てるといくらになる?

スポンサーリンク
資産運用

30代になったのに、思ったより貯金がたまっていない…そういった悩みを抱えている人も多いのではないのでしょうか。実際、30代の貯金額は、データを見てもそう多くはありません。貯金できる体質になるために、何をすべきか。具体的に積み立てた金額はいくらになるのか、解説します。

※この投稿は月の手取りが20万円以上ある方(地方、実家住まいだと15万円以上)が対象になります。それ以下の手取りの方は、まずは本業および副業での年収UPをすることをお勧めします。

30代の貯金額の平均値はどれくらい?

30代になったら、漠然とお金が貯まっていると思っていた…でも、全然たまっていなかった、そう思っている人は多いのではないでしょうか。でも、安心してください。30代の貯蓄額は、以下の通りになります。( 平成30年(2018年)家計の金融行動に関する世論調査 より引用)

30代(二人以上世帯):平均値 660万円、中央値 382万円
30代(単身世帯):平均値 327万円、中央値 40万円 

どうでしょう。単身世帯の場合、最も多いのは40万円なのです。以外と多くないな…と思った人も多いのではないでしょうか。これが逆に、40代だとどうなるか見てみましょう。

40代(二人以上世帯):平均値 942万円、中央値 550万円
40代(単身世帯):平均値 657万円、中央値 25万円 

と、実は平均値は増えているのに、(特に単身の場合)、中央値はあまり変わっていないのです。つまり、きちんと貯金ができている人はできているのに、できていない人はできていないのです。30代、40代は、格差の広がる時期だと言ってよいでしょう。

30代が貯金をするにはどうすればいい?

では、30代のうちに貯金をするには、どうすればよいのでしょうか。基本的なSTEPを解説します

まずは安定した収入を作る

当たり前ですが、収入がそもそも低すぎると、貯金はできません。さすがに手取り10万円以下で一人暮らしだと、ちょっと私もアドバイスのしようがありません。まずは本業で安定した収入を得るか、副業を行うなどして、月15万円以上、できれば20万円以上の収入を作ることを目標としましょう。もしくは、副業を空いた時間に始めてみてもいいかもしれません。

支出の現状を把握する

次に行うべきは支出の把握です。今、あなたは月に、何にいくらくらい使っているか、ちゃんと把握していますか? 解約し忘れてずっと料金を払っているサービスがないか、無駄な買い物をしてしまっていないかなどを確認するようにしましょう。家計簿をつけなくても、ざっくり何にいくら使っているか把握していればよいかもしれませんが、もし、家計簿をつける習慣がないという場合は、家計簿アプリを使うことをお勧めします。

給与が入ったら、まず貯蓄にまわす

上の2つができてはじめて、貯蓄を行うことになります。しかし、大事なのは、「余ったから貯蓄をする」のではなく、「まず給与から貯蓄を行い、余った分で生活をする」ということです。 そして、その貯蓄は、絶対に使わないようにしてください。単なる貯金だと簡単にお金を崩してしまえるので、貯金にこだわらず保険や投資信託、NISAなどの金融商品を使って、貯蓄をしていくのがよいでしょう。

毎月1万円を30年間積み立てるとどうなる?複利効果とは?

収入を増やして、支出を減らして、そうやって毎月の貯金ができるようになったら、どれくらいお金が貯まるのか、気になりますよね?ちょっとシミュレーションしてみましょう。

積立計算サイトを使用

10年で120万円、20年で240万、30年で360万円という計算になりました。思ったより少ない…と思った人も多いのではないでしょうか。これは当たり前です。なぜなら利息がほとんどついていないからです。

現在の銀行の金利は0.001%(メガバンク、普通預金の場合)、30年積み立てても、573円しか利息がつきません。

ではどうすればいいのでしょうか。そこで考えたいのが、「投資」です。投資とは、預金ではなく、株や保険などの金融商品を購入することで、利息(リターン)を得るという手法になります。

実際、投資を行うと、年5%のリターン(預金の場合は利息ですが、投資の場合はリターンといいます。)をたたき出すことも十分に可能です。実際、全世界の株に投資していたとすると、10年で平均8.5%のリターンが出ています。仮に控えめに見積もって5%とした場合のリターンは以下のようになります。

積立計算サイトを使用

10年で147万円、20年で365万円、30年だと688万円になります。先ほど積み立てた金額と元金は同じで、328万円もの差がつくのです。これは複利効果によるものです。

複利効果とは何か?

複利効果について少し説明します。複利効果とは、運用で得た収益をふたたび投資することで、いわば、利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。元本と、そこから得た利子を合わせた金額に利子がつくため、単利(元本だけに利子がつく)に比べてより利息が大きくなります。少し難しいですが、計算式は以下のようになります。

計算式:投資金額×((利回り(%)÷100)+1)^投資期間

複利効果を得るためにおすすめの投資とは?

複利効果を得るには、ある程度利回りがある商品をお勧めします。たとえば、インデックス型の投資信託であれば、比較的安定した利回りを出すことができます。(ただし、年毎にばらつきがあります。)

インデックス型の投資信託を買う場合は、ネット証券を使うことをお勧めします。私は楽天証券を使っています。楽天証券は、見やすさ、使いやすさに加えて、楽天ポイントで投資ができる、投資で楽天ポイントが貯まるなどのメリットがあります。

投資信託よりも安全な投資をしたいのであれば、保険もおすすめです。積立式の保険は、元本をある程度保証しながら、リターンを得ることができる商品も多く存在します。

不安な方は、一度勉強会に出てみるのもよいでしょう。ファイナンシャルアカデミーは、有料ではありますが、その分偏りのない情報を提供してくれます。

まとめ まずは1万円の積立から投資を始めよう

毎月1万円であっても、30年ためれば360万円になりますし、また、5%の複利で運用すれば、688万円になります。5%の複利というのは、投資信託などを使えば、決して不可能な金額ではありません。貯金ができないと嘆く前に、まずは1万円の積立、はじめてみてはいかがでしょうか。

コメント