浅草のはずれにたたずむ、汁なし担々麺の名店「タンタンタイガー」

レストラン

こんにちは、TOKYO-FOODです。

浅草にあるおいしい担々麺のお店の紹介です。最近は中野に二号店が出きるなど、東京でも有名になりつつあるお店になります。

タンタンタイガーの場所、営業時間は

タンタンタイガーは、蔵前、または浅草橋駅から歩いて10分弱くらい、鳥越神社の横にあります。正直駅からは少し遠い場所にあります。近くにはオシャレなカフェやアートショップなども点在している街になりますので、散歩しながら行くのもよいかもしれませんね。

営業時間は、

11:00~15:00

17:00~22:00

になっています。年中無休です。ちなみに、私が伺ったのは、土曜日の14時半前後でしたが、そのころは行列もしておらず、ちょうどよい感じで入れました。ただ、お昼時には、行列をすることもあるようです。気をつけていくとよいでしょう。

タンタンタイガーのメニューは?

基本的には、タンタンタイガーのメニューは、汁なし担々麺のみです。汁なし担々麺は、以下のベースから選べます。

メンズ:麺200g

レディース:麺150g、野菜多め、チアシード入り

また、辛さと痺れを選らぶこともできます。いずれも、大、中、小となっており、辛みが苦手な方は、小を選ぶとよいでしょう。私は、いずれも中を選びました。また、辛み、痺れともに後から足すことも可能です。

この担々麺ですが、特徴的なのは、痺れの奥深さになります。ラー油と花椒を手作りしているようで、ただの辛さだけではなく、うまみが十分に隠れています。これがこの店の担々麺を支えています。

トッピングは、ひき肉、ナッツ、干しエビ、野菜です。ナッツと干しエビは、担々麺のベースに非常にマッチしています。特に干しエビの風味が、プラスの影響を与えていますね。

トッピングは、パクチー、トマト、ザワークラウト、水菜の野菜と、温泉卵、そしてひき肉増量、麺増量があります。私は今回、ザワークラウトとパクチー、そして温泉卵をトッピングしました。

ザワークラウトは、普段担々麺とはなじみがないですが、これが担々麺に混ぜてみると、見事マッチする酸味でした。お店曰く、「酸味と担々麺は相性がよい。これは担々麺のために開発したザワークラウトだ。」そうです。すごくさわやかな後口になります。

浅草で担々麺ならここ!タンタンタイガー

お店はカウンターが8席程度で、デートやみんなで行くのには向いていないかもしれません。しかし、ふと浅草に降り立った時に、ぜひ行ってほしいお店になります。

店主の方のブログです。クセがあって面白いブログです。

Cooking Maniac
日常の食を調理科学で考察するブログです!蔵前で四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」の店主を務めております。

コメント